みなさんこんにちは!今日は、東京からすぅさんという、インプロという即興劇をされている方を

講師(すぅさん)をお迎えして、コミュニケーションを楽しみました。

もともと「インプロ」とは、英語で書くと「improvisation(インプロビゼーション)=即興」を略した言葉で、

「楽譜を使わない音楽セッション」、「振付の決まっていないダンス」「セリフが決まっていない演劇」など

これらを「インプロ」と呼ぶそうです。今回は、「即興演劇」からつくられたプログラムを行いました。

(ただ今すぅさん説明中~!その合間にYeah!!)

インプロが開始されると、今日呼ばれたい名前、グーチョキパーアンケートなど、

声に出したり出さなかったりするゲームなどに挑戦!自分が思ったことを素直に伝えてOK!

これって社会の中ではなかなか表現できないですよね。

ここではそれが許される、安心できる場です。普段、言葉にするのが難しくてもここでなら話しやすいですよね。

次はこのぬいぐるみを使ってのゲーム。今回は、青いぬいぐるみを使って、どんなことでもいいので嘘をつい

て物語を作るんです。これまた難しい~~!!なかなか言葉が出てこない!

最後は体を使ったゲーム。桃太郎のその後をみんなで物語を作っていき、「~ました。」「~です。」と

文が終わるごとにそれまでに出てきた役が何をしていたかを話さないで、体で演じるのですが、

だれが何をやるかを相談しないでやるので、自分がどの役をやるかをものすごく考えるんです。

それに加えて、話を聞き続けないとどういう動きをしていいのか分からなく

なるんです。

(さぁ~、何を演じているでしょうか??)

 

インプロは初めて行う人にとってはきっとドキドキしたり、ちょっと不安になったりすると思います。

ですが、場にだんだん慣れていったり、この自分で良いんだ、何を言っても大丈夫なんだと安心できると、

とても楽しめると思います。スタッフの私も久しぶりに参加して緊張しましたが、いつの間にか笑顔になってました。

すぅさん、今日は本当にありがとうございました!!機会がありましたら、またよろしくお願いします(*^_^*)