2018

チャレンジが続くと、わかっていました。

自分のミッションが過ごしずつ明確に。

だとすれば、慣れ親しんだステージから1upになるだろう。

その通りになりました。

余裕をもってとかより、わりと一生懸命

なんですかぁ~~~ この疲れた顔(笑)

一方で

断るものは、断る。

5年前、勝間和代さんの「断る力」という著書に出会い

断ることは、ネガティヴととらえるよりむしろ

自分を開示し、チームのためにもなるという感覚を学びました。

 

かといって、気づいたら年始にインフルエンザにやられたり

息子たちの受験あれこれでへこたれたりしました。

 

いま、転んでも自分でおきあがる

なんだかんだあっても、へこたれない

グリット「やり抜く力」という考え方に

納得!

 

転んでよかった

起き上がりたいと思ったから。

 

私は、家庭がありながら仕事など

できないと思っていました。

どうせできない、こわい、と。

でもやるしかありません。

 

やってみて、うまくいかないことや

やっぱりここが苦手なんだな、とわかり

でも同時に、ここはむしろ得意なんだと気づきました。

新しい感覚でした。感覚で生きているもので(笑)

 

充実とかいきがいとかでくくりたくありません。

めんどくさい人間なので(笑)

 

でもワクワクが私を突き動かしてやまないです。

 

理屈はわからないけど、次々と舞い込む事態にワクワクします。

不安や怖れよりも、わくわくが断然上回るのです。

わたしは、あっちにぶつかりこっちにぶつかり

いやそうじゃない、あなたはわかってない

今後が心配

という評価にそうとうさらされてきた人間です。

しかし、2018、その感覚が薄れ、怖れから解放された。

 

2018

私は、とっても

わたしらしくなりました。

見守ってくれたすべての方々にありがとう。