初夏の陽気のビーンズ畑です

今日は、冬越しをしたビーンズ畑ツアーからはじめてみましたよ!

あきらめていたゴボウが春になって成長してました。短ーいゴボウなのか、うまいこと育ってるのか

5月の収穫まで見守ることにしましょう

ほうれん草、やわらかいところはサラダに使えそうだな

イタリアンパセリ、二年目の貫禄

玉ねぎの収穫は5月から6月!クリムゾンクローバーとともに成長中

白菜の菜花はやわらかい脇芽が出てきました

さて、今日は主に春夏の畑作業に必要な土づくり

ホップとスイスチャードを植えるための土を耕しました

耕し、畝をつくり、種を蒔き、支柱をたてる

この作業をひとりでやろうとすると、いずれ無理がくることは

昨年までの作業過程で実感。

ひとつひとつの作業は決してきついものではないのですが・・・

今日は大いに頼りましたよ😊  頼もしい若者たち!!!

ふかふかにしたところに、発酵鶏糞と油かすをすき込みます

赤くてとげとげしたスイスチャードの種を筋蒔き

筋をつくったら水をたっぷりあげて、種を蒔いたらふわりと土をかけます

発芽がたのしみ!!!!

ビーンズ畑の看板の近くにこんな感じに☆

スナップエンドウの支柱に紐を渡します。5月には収穫できます

来月9日にジャガイモを植え付ける畝を耕し、肥料を施します

この時点で、10時から始めた作業は12時を超えてしまいました。

20℃を超える暖かさが暑さにも感じられ、汗をかき、水分をとり、休憩をとり。

7月まではこの暖かさに追いかけられるように作業が続きます。

春夏は、畑の生命エネルギーに圧倒されますね。

特にここ福島では、厳しい冬を越え、芽吹きの春を迎えるという

東北ならではの季節のメリハリに、感動を覚えます。

この地で、何をどのようにはぐくむかを大切に受け止めながら、

大地と会話しながら今シーズンも若者たちとともに

ビーンズ畑の作業をていねいに積み重ねていきたいな~♪