みんなの家@ふくしまに新しい歴史がスタートしました

その素晴らしい瞬間にいることができて

とてもしあわせにおもいました。

きりんさんが、いつもふくしまのことを想って

今も宮崎で、ふくしまを想っているよ、とあたたかいメッセージを

送ってくださることに

みんなの家に集う若者たちもふわりとつつまれながら

こういう居場所があって、ほんとによかったな、と勇気と安心をいただきながら

きりんさんから送っていただいたお野菜でお味噌汁やカレーを作ったり

無農薬の宮崎ミカンの酵素ジュースがめっさうまかったり

宮崎の新米!ここに住んでいるとなかなか巡りあえないごはんをいただいたり。

そして、今日はほんとうに目の前に、そのきりんさんがいました。

きりんさんはとっても気さくで朗らかで、お話や表情、歌声や存在すべてに

おもわず涙が出そうになり・・・・・・

照れ屋のあべちは、こらえつつ( ´∀` )

あ!僕たちがあそびにきているみんなの家が映画みたいに映ってる°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

お鍋のうた

よのなかごちゃごちゃしてるけど

ごちゃごちゃしたってあたりまえさっと

楽しく歌いあえたのが楽しかったなー!

詩に出会い、曲をつけていく。きりんさんの創作活動は

きりんさんの人生そのものや、きりんさん自身が感じている使命感

人との奇跡的なつながり。きりんさんの存在。歌声。すまいる。おはなし。

一緒にいていただく、おひさまみたいなパワー。

瑠璃色の地球、という曲を

感慨をもって聴きました。

大きな大きな地球のなかの、日本という国の

福島県の福島市に住んでいて。

でもきりんさんが描いてくれた歌の世界の映像は

果てしなくかぎりのないくらいに思える宇宙のなかの

銀河系のなかの、太陽系のなかの

地球の中の、日本という国にいっしょに住んでいて思いやりを大切にお互い過ごしていると

いうことを、表情や語りや、歌声や映像で

一瞬にして気づかせてくれました。

きりんさん♡♡♡

ありがとうございました\(^_^)/