読めますか?

 

ちまきです!

 

ちまきとは・・・
今からおよそ2300年前の中国に、屈原(くつげん)という詩人がおりました。屈原は国王の側近として仕え、その正義感と国を思う強さで人々から大変慕われていましたが、陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。その時の思いをうたった「離騒(りそう)」という長編叙事詩は中国文学の名作となりますが、国の行く末に失望した屈源は、汨羅(べきら)という川に身を投げてしまいました。

その日が5月5日。屈原の死を悲しんだ国民達は、川に沈んだ屈源が魚に食べられてしまわないよう、小船の上から太鼓を叩いて魚をおどしたり、供物を投げ入れて弔いました。

ところが、せっかく川に捧げた供物も、屈原のもとに届く前に悪い龍に盗まれてしまいます。そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉っぱで餅米を包み、邪気を払う五色の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、無事に屈原のもとへ届くようになったそうです。

こうして粽が誕生し、5月5日に粽を作って災いを除ける風習が端午の節句となりました。また、粽に結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、子供が無事に育つようにとの魔よけの意味を込め、こいのぼりの吹流しの色に反映されています。

現在粽に用いられているのは、茅(チガヤ)という木の葉ですが、笹やマコモなどの葉を用いることもあります。

 

きっずGOOさんより引用させていただきました!

 

というわけで

 

本日は

みんなの家で

粽づくり!

初めて粽を見たという人も♪

 

DSCN0668

 

もち米を笹の葉に包んで

結んでみます

 

それを

じーっくり煮込みます

 

 

そーして

できあありー

DSCN0670

 

DSCN0671

 

きな粉や

醤油につけて思い思いの

粽を堪能!!

 

ちなみに

今回の講師は

みんなの家のはっちゃんのお母さんでしたー!!

 

もちもちの粽でしたよ~

ごちそうさまでした(^_-)-☆